読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オールワンズライフ ブログ

紹介のご縁で成り立っている、不動産会社(賃貸・売買)オールワンズライフのブログです。

「部屋塾」お部屋探し知識メディア
街の住みやすさや、お部屋探しのポイントを発信しています。

千川は生活に便利で通勤、通学もしやすく、高齢者も住みやすい街

千川は生活に必要なものがすべてそろう街

千川は、豊島区の北西部にあり、東京メトロ有楽町線副都心線千川駅を中心とした住宅地です。 地元の人たちの憩いの場となる公園も多く、千川親水公園などでは子どもがよく遊び、のどかな雰囲気があります。

都心に近いながら、自然が豊かなエリアで、立教大学も近いので、学生にも人気があります。 東京メトロ千川駅は、要町通りの直下にあり、有楽町線副都心線が乗り入れています。

 

有楽町線飯田橋、有楽町、銀座方面にも繋がり、副都心線だと新宿、渋谷などの繁華街にも乗り換えなしで行くことができます。

駅周辺は、大型スーパーのほか、コンビニも数店舗あり、さらにファミレス、ファストフード、弁当惣菜店、居酒屋、焼き肉店、焼き鳥店、ラーメン店、カフェなどがあるので、外食派も食べるのに便利です。

  他にも、食料品、日用品、文具、玩具、衣類、電化製品等の店があり、眼鏡店、レンタルビデオ店、生花店等もあります。 歯科、内科、耳鼻科、眼科、美容院、フィットネスクラブ、銀行、キャッシュディスペンサーと、生活に必要なものはほとんど揃っています。

このため、一人暮らしのほか、学生、ファミリー層まで、幅広い世代に人気のエリアです。 駅前の大通りから少し入ると、閑静な住宅街となっています。

公園のほか、区の体育館や区民ひろばなどもあり、子育てファミリーから高齢の方まで幅広く利用しています。

通勤、通学にも便利

千川から要町にかけてのエリアは、かつては画家、音楽家、詩人などの芸術家たちが多く住んでいたアトリエ村があったため、池袋モンパルナスと呼ばれています。

こうしたエリアを散歩しながら、カフェで休憩するのも良いでしょう。 家賃相場としては、一人暮らし向けのワンルームで5.9万円、1K~1DKで6.9万円、1LDK~2DKで9.9万円と、東京・豊島区では安めとなっています。

ワンルームタイプの部屋なら5万5000円代で探すこともでき、駅から徒歩10分以上か、10分以内かで家賃の相場も多少変わってきます。

店舗が集まっているエリアと、住宅エリアとではっきり分かれ、住宅街は交通量も少なく、都心にも近いのが魅力です。 最近は大規模なマンションも建設されているので、ファミリー層の人気も高まっています。

駅から10分以上だと閑静な住宅街ですが、女性の一人暮らしなら駅から5~10分以内の場所が良いでしょう。 自転車があるのなら、多少駅から離れているところでもあまり不自由はないので、手ごろな物件が見つかるかもしれません。

地域のつながりも重視した街

小学校や中学校も近くにあるので、ファミリーで居住している人も多く、池袋に近いので、通勤や通学にも便利なのも人気の理由です。

高低差がなく、高齢者でも暮らしやすい街並みとなっています。 住宅街は閑静ですが、歩道や街頭はしっかりと整備され、夜道を歩いていて危険を感じることはなく、女性でも安心です。

お祭りも盛んで、地域のつながりの深さも感じられる街です。 商店街の集まりやイベントも盛んに開催されています。