オールワンズライフ ブログ

紹介のご縁で成り立っている、不動産会社(賃貸・売買)オールワンズライフのブログです。

「部屋塾」お部屋探し知識メディア
街の住みやすさや、お部屋探しのポイントを発信しています。

入谷は古い町並みを活かし、さらに未来に向けて魅力が高まろうとしているエリアです。

入谷は歴史的風情が数多く残る街

入谷は、台東区北部に位置し下谷地域に属します。 北は竜泉、東は千束、南東の道路上の一点で西浅草に、また南は松が谷、南西は北上野、西は下谷と接しています。

東京地下鉄・日比谷線の入谷駅は、南側付近は大通りの交差点になっていて、駅前にはスーパーマーケットなどもあり、結構にぎわっています。

 

2000年代以降は駅前を中心にマンションが増えています。 戦前の建物なども多く残され、こうした風情のある建物を生かしたカフェなどが最近増えたことから、遠方からも訪れる人も多くいます。

南北に続く昭和通りから浅草方面に向かう通りには、入谷中央商店街(愛称あさがおロード)があり、昔ながらの洋食屋、定食屋のほか、あんみつや、ところてん材料の製造店など、歴史的風情を感じさせる店も多くあります。

これ以外、金美館通りという商店街もあり、スーパーのほか、日用品、食品などを中心にした専門店が多く並んでいます。 山手線鶯谷駅方面への通り沿いには鶯谷中央商店街などがあります。

一本大通りにからそれると住宅街となり、旧家と新築マンションとが巧みなコントラストを描いています。 高層マンションがないので、どこからでも東京スカイツリーが良く見えます。

浅草、スカイツリーもすぐ近く

家賃相場としては、一人暮らし向けのワンルームで7.4万円、1K~1DKで8.5万円、1LDK~2DKで12.1万円と、東京・台東区では比較的安めとなっています。

上野や浅草は徒歩範囲で、鶯谷駅も近いので山手線に乗りたいときも便利です。 少し歩けば都営浅草、JR鶯谷・上野、東武浅草などの駅も利用でき、東京のどこに行くにもアクセスしやすくなっています。

昔からある喫茶店など、長くやっている飲食店が多いので自分に合った店を探すのも楽しいものです。 かっぱ橋道具街もすぐ近くにあり、平日は専門的な料理道具店が連なっていて見て回るのも良いでしょう。

下町の雰囲気が残っていて、古くからの商店や住宅も残っているため、地方から移り住んでもなじみやすい雰囲気です。 浅草やスカイツリーも近く、古いものと新しいものが同時に楽しめるのが魅力です。

上野公園も近く、上野動物園国立美術館や上野の森美術館など沢山の美術館があるので美術品に興味がある人にとっても魅力的でしょう。

若者の新たな取り組みにも注目

入谷駅からは、上野の動物園・美術館、秋葉原の電気店街、人形町のオフィス街、築地の鮮魚店など、様々なところにすぐに行くことが出来ます。

銀座の買い物にも便利で、六本木でデートしたり、広尾でティータイムを楽しんだり、恵比寿の散歩、中目黒でのおしゃれな休日など、休日は様々な過ごし方が出来ます。

古い古民家や昔ながらの町並みを風化させず、日本の昔の良いものを新たに活用し、未来につなげていこうという若者たちの取り組みも活性化しています。こうした若者たちにより、入谷の魅力はさらに高まろうとしています。