読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オールワンズライフ ブログ

紹介のご縁で成り立っている、不動産会社(賃貸・売買)オールワンズライフのブログです。

「部屋塾」お部屋探し知識メディア
街の住みやすさや、お部屋探しのポイントを発信しています。

広尾ガーデンヒルズは、今なお高い人気のビンテージマンション

あこがれのマンション紹介

広尾ガーデンヒルズは竣工依頼高い人気を維持し続けるビンテージマンション

広尾ガーデンヒルズは、東京都渋谷区広尾にある大型マンションです。

豊かな緑に包まれ、都会の喧騒を忘れさせる小高い丘の広大な敷地に立地し、敷地内から室内まで、自然と調和した質の高い生活を送る事ができることから、都心のヴィンテージマンションとして、竣工後30年経っても今も高い人気があります。

 A棟からO棟までの全15棟・合計1,181戸のマンションと管理センター、レストラン、銀行、医院などで構成されています。 2~3棟ごとに同じデザインコンセプトで建設された、ヒル (Hill)と呼ばれる単位に分けられ、全部で5つのヒルがあります。

ゆったりとした自然に囲まれ、5つの街区が広がる70,000㎡の広々とした中、みずみずしい都市生活のための安らぎの住環境が展開しています。 交通面でも、東京メトロ日比谷線の広尾駅から徒歩5分という便利さです。

夜間は、監視カメラだけで警備するのではなく、数人の警備員が警備のために巡回し、見知らぬ人には声をかけたりしているのでセキュリティー面でも安心です。 賃貸の物件は、間取りが1LDK~3LDKで、面積は70.98~147.32㎡、賃料は350,000~680,000円となっています。

都会ではないような落ち着いた空間を演出

広尾ガーデンヒルズの場合、同じような建物が同じ方向に並んで立つ団地型のマンションとは違い、各住棟の平面プラン・向きともに個性を持たせた5地区15棟で構成され、15棟のうち11棟は雁行設計が採用されているのが特徴です。

雁行設計は、開口部を長くすることで風通しや日当たりを良くすると同時に、住戸ごとのプライバシーも高める設計手法です。 これにより陰影が濃く、遠近感も感じさせ、表情豊かな建物群となっています。

各棟のエントランスにはコンシュルジュが常駐し、充実した環境が整っています。 中央部には水盤を配した、サンクンガーデンやスーパー・ガーデン自由が丘、カフェ、ATMなどの施設があります。

滝の出る時間になると水音が棟間に程良い音量で響き、都心ではないような心地よい雰囲気を醸し出します。 広尾駅から近いながら、落ち着いた環境ということで資産価値を維持しています。

周辺の環境も良好

広尾ガーデンヒルズのあるエリアは、渋谷、青山、恵比寿、六本木まで、どこも2km圏内というアクセスの良さで、学校も名門校が集中している文教地区となっています。

大使館も多く、外国人が多く居住しているので外国人向けのショッピング施設も数多く、国際色が豊な街でもあります。 また、緑も多いところなので、住みたい街として人気が高いエリアです。

広尾商店街や有栖川宮記念公園もすぐ近くです。 ナショナル麻布スーパーマーケットも徒歩圏内なので、センターヒル内にスーパーが無くても買い物に困ることはありません。

広尾ガーデンヒルズは、タクシーに乗っても広尾4丁目と言えばガーデンヒルズまで行ってくれる、というくらい良く知られたところなのです。